島田駅南 きむらクリニック

お問合せ
きむらクリニックからのお知らせ

お便りVol.15 血管年齢(2015.1.19)

 

●● こんな症状ありませんか? ●●

・手足がいつも冷たい。しびれる。

・手足のけがが治りにくい

・5分くらい歩くと足が痛くなる。休むとよくなるが、再び歩き始めるとまた痛くなる。

・糖尿病や透析を患っている。

 

 

 

 ●● 血管年齢をはかってみましょう! ●●

検査では、腕と足首の血圧の比を測定します。

検査にかかる体の負担も少なく、5分程度で結果が得られます。

ABI/CAVIで、PAD(末梢動脈疾患)の可能性を検討します。

      *ご希望の方は診察時にご相談ください。

 

動脈のかたさを表すのが「CAVI」。

足の動脈の詰まりを表すのが「ABI(エービーアイ)」。

PADとは、手や足の血管の内側が狭くなり、血液の流れが悪くなる病気です。

 

 

●● PAD    血管の ”つまり” の怖さって? ●●

PADによる手や足の血管の”つまり”があると、脳や心臓など体のほかの部分の血管にも”つまり”があるといわれており、脳卒中や心筋梗塞などの重大な疾患の予備軍と言われています。PADははっきりとした症状がないため、歳のせいだからと見過ごされてしまうこともあります。この点から、動脈硬化は「沈黙の殺人者」とも呼ばれています。気付かないうちに血管がつまるのは怖いですね。

 

 

 

 

当院ではABI(動脈硬化症)、HbA1c(糖尿病)、コレステロール値(高脂血症)などの総合的な検査を行うとともに、内服治療・点滴治療を行っています。生活習慣病の早期発見と、進行の予防に努めています。

 

 

 

          unnamed-1     2014.11    秋の散歩道

   健康な足の状態を保ってウォーキングに出かけましょう