島田駅南 きむらクリニック

お問合せ
きむらクリニックからのお知らせ

お便りVol.14 当院の検査項目(2014.12.15)

当院でおこなっている主な検査項目をご案内します。

 

① 上部消化管内視鏡(胃カメラ)・下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

② ピロリ菌感染の検査

③ 血管伸展性検査(CAVI・ABI検査)

④ 超音波検査(エコー検査)

⑤ 骨塩定量(骨密度)

⑥ 血液検査(緊急採血検査も可能)・HbA1c迅速測定(糖尿病)

⑦ 心電図検査

⑧ レントゲン撮影

⑨ その他

  ・経皮的動脈血酸素飽和度測定(呼吸管理)

  ・尿検査、糞便検査

  ・インフルエンザ検査

 

 ☟ それぞれ詳しいご案内は以下へ ☟

 

 

 

 

①上部消化管内視鏡(胃カメラ)

 下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

 

  img_inaishikyou  上部消化管内視鏡室

 

  静寂、清潔、プライバシーを重視した空間で行います。

  ハイビジョン画像のため、非常に詳細な精査が行えます。

  検査にかかる時間は、胃内視鏡(胃カメラ)は10分程度、

  大腸内視鏡(大腸カメラ)は15〜60分程度です。

  その際 必要に応じて生検を行います。(ピロリ菌検査も含みます)

  胃・大腸とも、生検の病理診断結果は約1週間後に出ますので、

  結果について丁寧に解説しながら今後の治療の方針をたてていきます。

  また、方針に合わせ、島田市民病院、藤枝市立病院、静岡県立総合病院、

  静岡がんセンター等への紹介も行っています。

 

 

 

 

②ピロリ菌の検査、治療の流れ

 

  写真ヘリコバクター・ピロリ

 

ピロリ菌は正式にはヘリコバクター・ピロリという細菌です。

2013年よりヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の除菌治療が保険適応となりました。

 

 <除菌治療を受けるには>

ヘリコバクター・ピロリ感染に起因する胃炎であることを確定診断するため、

① 原則として胃内視鏡検査(胃カメラによる病理生検)を行います

② 菌が存在した場合 1次治療(内服薬による治療)

③ さらにおよそ6週間後に再度、胃内視鏡による病理生検にて判定

④ 2次除菌の適応の方はさらに治療を継続

 除菌されたことを確認して終了となります。

 

 

 

早期発見・治療を目指して進化する内視鏡

ところで、2013年に保険適用の対象となった慢性胃炎は、“内視鏡検査で確定診断された”慢性胃炎という点が大きなポイントです。病気の早期発見や早期治療、患者の負担を軽減するため、内視鏡は高性能に進化しており、当院の経鼻・経口内視鏡ともにハイビジョン画像で鮮明に観察することができます。NBI(狭帯域光観察)も装備しており、胃がん・胃炎等の早期発見を目指しています。

 

 

 

 

③血管伸展性検査(CAVI・ABI検査)

   この検査では、つぎの3つを測定します。

   ● 動脈のかたさ

   ● 動脈の詰まり

   ● 血管年齢

 

   検査は、あお向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定します。

   時間は5分程度で、血圧測定と同じような感覚でできる検査です。

   結果もすぐに出ますので、その場で解説を行います。

   検査の予約は不要ですので、診察時に お申し出ください。

 

   動脈硬化は重篤な合併症を引き起こす危険があります。

  ABI検査を受けてご自身の動脈硬化の程度を評価してみましょう。

 

 

 

 

④超音波検査(エコー検査)

 

   img_inaishikyou 東芝Aplio400

 

 東芝Aplio400という最高級機種を設備しています。

  ◎ 腹部エコー : 肝臓、膵臓、胆のう、脾臓、

            腎臓、膀胱、前立腺などの疾患の診断に

  ◎ 乳腺エコー : 乳がん・乳腺の疾患の診断に

  ◎ 甲状腺エコー: 甲状腺の疾患の診断に

  ◎ 頸動脈エコー: 頸動脈の動脈硬化などの診断に

 

 

 

⑤骨粗鬆症の検査

   骨密度とは、単位体積あたりの骨量のこと。

   当院での骨塩定量(骨密度)はレントゲン撮影にておこないます。

   検査にかかる時間は5分程度。

   人差し指の根元の骨をアルミニウム板と一緒にX線で撮影します。

   その写真の影の濃度を分析し、骨密度を測ります。

   骨粗鬆症であるかをおおまかに調べることができます。

 

 骨粗鬆症は骨が脆弱になって折れやすくなる病気です

   骨粗鬆症と診断されたら、 できるだけ早く治療や骨折予防対策を始めましょう。

   適切な治療や生活習慣の改善により、骨密度の低下をくい止めることができます。

   骨折予防は要介護状態になるのを防ぎ、健康な生活を送るうえでとても大切です。

 

 

 

⑥血液検査(緊急採血検査も可能)

    HbA1c迅速測定(糖尿病)

 

img_tenteki 処置点滴・採血室

 

 

血液検査(緊急採血検査も可能)に加え、HbA1c測定も行っています。

それぞれ、個々に即した項目を選択して検査を行っています。

 

◎ 一般採血(腎機能、肝機能、栄養状態、感染症、貧血などを評価をします。)

 

◎ HbA1c測定

   HbA1c検査(糖尿病)結果は5分程度で得られます。

  一般採血の結果(コレステロール値、尿酸値などの結果)とも合わせ、

  生活習慣病管理を行っています。

 

◎ 採血検査では腫瘍マーカー測定なども行っており、

  胃癌、大腸癌、肝癌、膵臓癌、胆管癌、

  前立腺がん、乳がんなどの、

  術前後の管理やアドバイス、フォローアップを行っています。

 

 

 

⑦心電図検査

 

 

 

⑧レントゲン撮影

 

img_daicyou レントゲン撮影室

 

レントゲンはデジタル撮影で行います