島田駅南 きむらクリニック

お問合せ
きむらクリニックからのお知らせ

🌸〜こころ咲かせる花便り〜🌸

草花がとりもつ素敵な関係、草花をめぐるかけがえのない思い出、

こころ咲かせるクリニックの花たちをご紹介します。

 

 

・・・・・・・ 2016年11月26日 ・・・・・・・

クリスマスシーズンや冬を華やかに彩るポインセチア。

今年は八重のピンクの葉が可愛らしい プリンセチア ローザ です。

 

    花言葉は「思いやり」

 

    あなたの大切な人のために。

    あなたの特別な時間のために。

    かけがえのない幸せを祈って。

 

 

    img_5179 

 

ピンクの繫がりから、プリンセチアの売上の一部は、日本乳がんピンクリボン運動の『J.POSHピンクリボン基金』に寄付されます。

 

 

 

・・・・・・・ 2016年11月9日 ・・・・・・

アンスリウム アンドレアナムをいただきました。

 

パッと見た瞬間つい触ってみたくなってしまいます。
アンスリウムの魅力は、なんといってもハート型のフォルムでしょう。

エナメル質の光沢も鮮やかです。

 

   img_5091 500352388 

アンスリウム
分類:サトイモ科アンスリウム属
原産地:熱帯アメリカ
和名:オオベニウチワ
花言葉:「煩悩」「恋にもだえる心」「可愛い」  ←花のイメージにぴったりですね!

 

 

・・・・・・・ 2016年9月9日 ・・・・・・・

今日は9月9日 何の日?

 

 

「救急の日」

救急業務および救急医療について一般の理解と認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図る日。

 

また

 

「重陽(ちょうよう)の節句」   (「菊の節句」とも呼ばれます)

ちょうどこの頃に咲き誇る菊の花は、その香りが邪気を祓い、命を尊び、長寿を願う。

古来から薬として使用され、菊慈童は「不老不死の薬となって七百歳を送りぬる」と。

 

 

 

 

 

今日は「いのちは、どこにあると思いますか?」の問いに

「こころ」を傾けようとおもいます。

 

img_9625

ジャーマンガーデンマム 

キク科 キク属

クリニックエントランスにて、2013年10月の写真です

 

 

・・・・・・・ 2016年8月5日 ・・・・・・・

リュウゼツラン(竜舌蘭)が咲いていると教えていただいたので、さっそく見に行ってきました。場所はJR島田駅。なんとクリニックからすぐそこでした!

 

IMG_4245   IMG_4241   IMG_4249

 

リュウゼツランは、成長が遅いため、花を咲かせるまでに数十年かかり、花が咲いたら枯れてしまう一稔性の中南米原産の植物。貴重ですね。茎の下の方から順次つぼみが開き、最上部までたどり着くと枯れてしまうらしい。

 

見に行ったときには、茎の高さはすでに五メートル以上。目を凝らすと遥か上のほうに黄色の花が咲いているようですが、なかなかよく見えません(泣)

 

 

 

・・・・・・・ 2016年7月6日 ・・・・・・・

黄色のハイビスカス

しかし、「花が開いた!」と思うと、たった一日でしぼんでしまう一日花

だからこそ、その短い間に見せる美しく開花した姿に魅了されます。

 

 IMG_4127  IMG_0983

花言葉も花の色によっていろいろ。

黄色は 「輝き」

赤は  「常に新しい美」「勇敢」
ピンク 「華やか」
白   「艶美」「繊細な美」

日本ではブッソウゲ(仏桑花 / 扶桑花)という名前で親しまれてきましたね。

 

 

 

 

 

・・・・・・・ 2016年5月13日 ・・・・・・・

クリニック中庭の主役「イロハモミジ」。

秋の紅葉もすばらしいですが、新緑も他の樹木に負けないくらい清々しいですね。

でもよく見てみると、もう一つ楽しいものがあるんですよ。

 

IMG_3854 IMG_3853 

 

ピンクのプロペラのようなものがたくさん付いています。

とても美しい色と形! これは、なんでしょう?

小さなコブが2つあり、綺麗な羽が付いているのが分かります。

これ、花ではなく、種、つまり果実のことで、翼(つばさ)があるので「翼果」というそうです。

秋になると風に乗ってくるくると飛んでいきます。種子を遠くまで飛ばすための工夫です。

 

 

 

 

・・・・・・・ 2016年4月12日 ・・・・・・・

院長は郷里福岡に思いを馳せながら、春の訪れを心待ちにしていました。

今年もクルメツツジが小ぶりな花を咲かせ、クリニック玄関を彩っています。

 

 IMG_3672    IMG_3674

 

          ツツジ科
         属名:ツツジ属
         学名:Rhododendron Kurume Group
         別名:久留米ツツジ

 

 

・・・・・・・ 2016年2月23日 ・・・・・・・

先週までは球根。何色の花が咲くのか楽しみにしていたところ。

今週ぐんぐん背が伸びて、可愛らしい香りのよい花が咲き始めました。

IMG_3490  IMG_3491

           ヒアシンス

         属名:ヒアシンス属

         学名: Hyacinthus orientalis

 

 

・・・・・・・2015年12月 2日・・・・・・・・

もみじ、いちょうの葉などがようやく色味がかり、近所の公園やクリニックまでの道を歩く足も思わずゆっくりになります。

 

童謡「もみじ」を口ずさむ娘。

 

紅秋の夕日に照る山もみじ

濃いも薄いも数ある中に

松をいろどる楓(かえで)や蔦(つた)は

山のふもとの裾模樣(すそもよう)

 

IMG_0317   IMG_0326

クリニックの中庭のもみじも一気に色づき始めました。

狭義には、赤色に変わるものを「紅葉(こうよう)」、黄色に変わるものを「黄葉(こうよう、おうよう)」、褐色に変わるものを「褐葉(かつよう)」と呼ぶらしいですが、どちらかといえば「褐葉」という様子です。

 

 

 

 

・・・・・・・2015年9月16日・・・・・・・・

昨年越冬のためクリニック2階のベランダに移動したままになっていたハイビスカス。

冬の間も小振りな花を咲かせ、夏の暑い時期もなんとか乗り越え、

涼しくなった今、艶のある瑞々しい花を付けました。常に存在を意識させる鉢です。

 

 

     IMG_4133-2

         ハイビスカス

          学名:Hibiscus
          科・属名:アオイ科・フヨウ属

 

 

 

 

 

・・・・・・・・2015年8月24日・・・・・・・・・・

朝夕の空気はすこしずつ涼しくなってきましたね。

しかし、中庭の中央では、サンパラソルが、まだまだ太陽に輝きながら、

次々と花を咲かせています。

      IMG_3111
 
 
       サンパラソル
       科名:キョウチクトウ科
       属名:マンデビラ属
       学名:Mandeville

 

 

 

 

 

 
 
・・・・・・ 2015年8月4日 ・・・・・・・・

グズマニアをいただきました。

パイナップル科 学名:Guzmania 南アメリカ原産

花茎につく葉っぱ(苞状葉)が鮮やかな赤に色づきとても美しいです。

 

 IMG_3167  IMG_3163

 

 

 

・・・・・・ 2015年7月14日 ・・・・・・・

クリニックの中庭では、薄紫色の玉竜の花が咲き始めました。

花の大きさは5mm程度。とても小さくて可愛らしい!

よく見ると、青紫色の実もなっています。

開院して今年が初めての開花です。

中庭には鈴虫もいて、玉竜の葉はところどころ鈴虫に食べられていますが、

玉竜と鈴虫、仲良く夏を迎えています。

 



IMG_3090  IMG_3093

<タマリュウ(玉竜)> ユリ科ジャノヒゲ(オフィオポゴン)属 
別名 ギョクリュウ、チャボジャノヒゲ、チャボリュウノヒゲ
原産地:日本、中国 花期:6~7月

 

 

 

・・・・・・ 2015年6月25日 ・・・・・・・  

いま院内では、medinilla magnifica メディニラ・マグニフィカ が満開です。

フィリピン産 ノボタン科の植物です。コーラルピンクがとても綺麗です。

メディニラ・マグニフィカ

IMG_3077  IMG_3072

 

 

・・・・・・ 2015年5月8日 ・・・・・・・

開院3周年を迎え、立派なお花をいただきました。

心より感謝申し上げます。

院長からの開院のご挨拶は、”院長のページ”に掲載しています。

 IMG_6525 IMG_2985

 

 

 

・・・・・・ 2015年5月1日 ・・・・・・・

クリニックの桜の木に、さくらんぼができました。

じゃんけんで勝ち残ったスタッフが美味しくいただきました。

   IMG_2917

 

 

・・・・・・ 2015年2月28日 ・・・・・・・ 

やさしいオレンジのベゴニアを贈っていただきました。

IMG_0076